私の決めた「ひとり暮らし7つのルール」

私がひとり暮らしを始めたのは、1年半前でした。 諸事情によりしばらく実家を出ることが出来ず、30を過ぎてからの初めての独立でしたので、 いろいろ慎重になりながらのひとり暮らしスタートでした。 そこで、自分でルールを決めました。

最寄駅から10分以上歩くのですが、 ①絶対にイヤホンをして歩かない、②ケータイを見ながら歩かないということ。 そして一部、暗い場所があるので③その場所は夜は迂回するということ。 これは言うまでもなく、身の安全の確保の為です。 30過ぎの女が何を…と笑われるかもしれませんが、せっかくの初めてのひとり暮らしですから、 危険は極力回避するのが当然だと思ったのです。

そして、④オートロックの集合玄関でも、必ずドアが閉まるまで確認する。 後について誰かに侵入されても怖いので、どんなに急いで帰宅したとしても確認は怠りません。 それと同じく、⑤自室の扉を開けるときには周囲を確認し、部屋に入ったらすぐに閉じ、 鍵とチェーンをかける ことも徹底しています。

それから⑥個人情報を捨てる時には細心の注意を払う。 世の中には、他人のゴミを漁って個人情報を手に入れる人もいると聞きます。 「誰が自分の個人情報なんて欲しがるの?」と思わず、手紙はハガキ、 請求書のたぐいも捨てる時は細かくちぎったり、 個人情報を消すことのできるスタンプなどを押してから捨てるように心がけています。

それと同時に⑦ゴミ出しのルールを守る ことも大事だと思います。 これは生活する上での当然のマナーでもありますが、自分の身を守ることにもつながります。 近所の人が「ルールを守らない住人がいる。誰だか特定する為にゴミの中身を確認する」 なんていうことになったら…ぞっとしますよね。